画面上部・焼津南保育園のロゴ

蝶のイラスト保育の目標   

(1)保育理念



無限な可能性を秘めた子どもたち、その可能性を少しでも引き出すため職員が子供の目線で 共感しながら個性に応じた保育が必要です。
そのためには、職員は子供に常に寄り添い、子どもから学ぶ姿勢で接することが大切である。
また子供たちが保育園での生活を送る上で家庭との連携は、最も大切なこと、常日頃から子供の 様子を伝えながら、話し合いながらともに子供の成長を見守っていきたい。
また、職員についても、研修の機会をつくり、常に自己研鑽できる機会を作り、資質の向上を図り 多様な保護者のニーズにこたえるような保育士像を作っていきたい。

(2)保育指針



十分に養護の行き届いた家庭的な温かい雰囲気の中でひとり一人の子供の感性を大切にしながら 将来を生き抜くバランスのとれた、たくましい心と体づくりをする。
  • 一人ひとりの個性を尊重し、自主性をはぐくむ保育
  • 自然とのふれあいを通して心身の健康と自立をはぐくむ保育
  • 思いやりの気持ちを育て、人とのかかわりを大切にする保育
  • 家庭との連携を大切に子供の成長を見守る保育

(3)保育目標



『明るく、元気な体、心豊かな子に育てる』


    望む子供像
  • 自分の思いをしっかり伝えられる子
  • 友達を思いやり、大切にする子
  • 何にでも興味を持って取り組める子
  • あいさつがしっかりできる子